【8020運動】意外と知らない健康と歯の関係|大事にしないとこうなる?

tooth2ケア方法・老化予防

健康で元気に長生きするためには「歯」が大事。これは日本人が意外と知らない事実です。私がケアマネージャーだったころ、100歳近くても自分で歩いたり、しっかりとした受け答えができる人たちはみなさん「入れ歯ではなく自分の歯で食事ができる人たち」でした。今回は、意外に知られていない健康と歯の関係を紹介します。歯を大事にしていないと将来こんなことになってしまうかも?参考にしてください。

8020運動とは

tooth3

残存歯数が20本あれば食品の咀嚼が容易であるとされており、例えば日本人の平均寿命である80歳で20本の歯を残すという、いわゆる8020運動を目標の1つとして設定するのが適切ではないかと考えられる

厚生省「成人歯科保健対策検討会中間報告」1989年(平成元年)引用

8020運動とは、1989年(平成元年)より厚生省と日本医師会が進めている「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

【タニタの健康オンラインショップ】

自分の歯を持っている人の「健康寿命」

tooth

・歩行、入れ歯の使用、教育年数、所得、既往歴、主観的健康感、転倒経験、喫煙、飲酒、歩行時間、BMI、うつの影響はモデルにより調整した。・65~69歳、75~79歳、85歳以上での推定値の平均を示した

東北大学大学院歯学研究科「自分の歯が多く保たれている高齢者は健康寿命長く、要介護日数短い」歯の本数と寿命・健康寿命・要介護でいる期間の関連:引用

東北大学大学院歯学研究科の調査したデータによると、男女とも自分の歯を多く持っている人は0本の人にくらべ、健康寿命が長く要介護状態の期間が短いことがわかりました。その差は85歳以上でもっとも大きく、自分の歯が20本以上ある人は0本の人にくらべ健康寿命が男性で+92日、女性で+70日長く、寿命の視点でみれば男性で+57日、女性で+15日長いことがわかりました。また、要介護状態でいる期間では男性は-35日、女性では-55日短い結果となりました。

3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ
安心の全額返金保証やわた本青汁

なぜ歯を失ってしまうのか

歯を失ってしまう原因

tooth1

「第2回永久歯の抜歯原因調査」(公益財団法人8020推進財団)引用

歯を失ってしまう原因は1位がう蝕(むし歯)29,2%2位は歯周病37,1 %3位破折(ヒビや割れ)17,8 %となっており、およそ6割以上の人が「細菌によるもの」で歯を抜いていることがわかります。

ではなぜ歯に悪い細菌が付いてしまうのでしょうか。それにはこのようなサイクルが関係しています。

歯周病予防用マウスウオッシュ『シシュテック』
笑顔で輝く白い歯へ【パールクチュール】

歯を失う負のサイクル

  1. 噛まない👇
  2. 噛めなくなる👇
  3. 偏食(やわらかい物だけ食べるなど)👇
  4. 唾液の量が少なくなる👇
  5. 歯に悪い細菌が付きやすくなる👇
  6. 虫歯や歯周病になりやすくなる👇
  7. 歯を失う

負のサイクル」は「噛まない・噛めなくなる」ことから順番に進行していき、唾液の減少が少なくなり細菌が増え、最終的には「歯を失ってしまう」という最悪の結果につながります。

電動歯ブラシ本体無料・月280円

噛まないとどのような症状が起こりやすくなるのか

  • 筋力や筋肉量が減少するため骨折する
  • 早食いのため肥満になる
  • 脳への刺激が少ないため認知症になる
  • ムセやすくなり誤嚥(ごえん)性肺炎になる

噛めないとやわからい食事が中心になり「飲み込むように食べる」状態になるため上記のように骨折・肥満・認知症・誤嚥(ごえん)性肺炎を起こすリスクがでてきます。

歯を失わないためには

tooth4

重要なのはもちろん「歯磨き」

歯を失わないために重要なことは、もちろんみなさんがご存じの「歯磨き」です。

1日3回が望ましいですが、忙しい現代人はなかなかこのペースで歯磨きをすることが難しいと思います。そんな時は1日2回+歯を磨けない昼間などはデンタルリンスを使ってうがいだけはするようにしましょう。

歯磨きのタイミングとしては起きた時と寝る前が効果的です

寝る前に歯磨きをして食べかすを取り除いておけば、虫歯や歯周病菌の活動をおさえることができます。また、細菌は寝ている間も繁殖するため、朝起きた時に歯磨きをしっかりして細菌を出すことが大事です。

口臭予防に『なたまめ歯みがき』
電動歯ブラシ本体無料・月280円

デンタルフロスを使う

デンタルフロスは別名「糸ようじ」「歯間ブラシ」ともいわれており、歯と歯の間に、フロスを入れ、前後に動かして細かい歯石や食べかすを取り除きます。使用するタイミングは1日1回「寝る前の歯磨き」をした後に使うのが効果的です。

定期的に歯医者に通う

多くの人が、毎日しっかり歯磨きをしていても歯石はたまっていくものです。歯石とは、歯磨きでは落としきれなかった食べかすが口の中にたまり、それが石のように固く変化したものです。一説によると、磨き残しがついてから2日~14日ほどで歯石になるといわれています。また、歯石がつきやすい人やつきにくい人は個人の歯並びにも関係しています。

一度歯石がついてしまうと歯磨きで取り除くことができなくなるため、歯医者に行専用の機械を使って除去する必要があります。

そのため虫歯・歯周病予防には定期的な歯科受診が必須になります。タイミングとしては3~4か月に1回通うのが効果的です。

【8020運動】健康と歯の関係|大事にしないとこうなる:まとめ

健康寿命と歯の関係は「噛むこと」が重要なキーワードになります。よく噛むことは消化を助けるのはもちろんのこと、満福中枢が刺激され食べ過ぎを防ぎ、肥満防止につながります。

また、自分の歯が多くよく噛むことができる人は脳血流が活発になり、認知症の予防になるともいわれています。

お口の健康は全身の健康につながるため、高齢になっても自分の歯を多く持つことが長寿の秘訣だといえるでしょう。

電動歯ブラシ本体無料・月280円
タイトルとURLをコピーしました