認知症

介護保険

【認知症と間違われやすい病気】あなたは失認・失行を知っていますか

片マヒの病気の一種に「失認・失行」という名前の症状があります。この病気は認知症に間違われやすく、他の人から「やる気がない」「認知症になったのではないか」と誤解されることがよくある疾患の1つです。今回は片マヒの方が発症しやすい失認・失行について紹介します。参考にしてください。
介護保険

【医療と介護の誤解】5分でわかる脳トレは本当に認知症予防になる?

みなさんは「医療と介護はケアするポイントが同じ」だと思っていませんか?医療と介護は一見ほぼ同じように見えますが、実は火と水の関係なんです。今回は、そんな医療と介護のありがちな誤解を紹介していきます。また、最近流行っている脳トレは本当に認知症予防に効果があるのかも解説したいと思います。5分でさらっと読めるので参考にしてください。
介護保険

【認知症ケアのよくある間違い】あきらめない徘徊・失禁のケアとは

認知症になると、徘徊や失禁など、いわゆる問題行動が目立つようになってきます。問題行動には何かしらの理由があるのですが、認知症本人は自分の気持ちをうまく話すことができないため介護する側にはつたわりにくく、間違った対処をしてしまう場合があります。今回は、そんな認知症ケアのよくある間違いを2つ、あきらめない徘徊・失禁のケアを説明します。参考にしてください。
介護保険

認知症の問題行動は薬で抑えるしかないと思っていませんか?介護の壁

認知症の中で最も介護の壁といわれているのが問題行動です。あなたは「認知症の問題行動は脳が原因なので治しようがない。薬で抑えるしか方法がない」と思っていませんか?今回は、認知症とはどんな病気なのか、また認知症高齢者が問題行動を起こすそもそもの原因は何なのかに焦点を当てて説明します。参考にしてください。
介護保険

【認知症高齢者の心理】ぼけた本人自身は気楽なのか?本当の気持ち

高齢になればなるほど認知症になる確率は増えていきます。そして認知症になり介護が必要になると、理論的に発言することが難しくなっていきます。そのため何か事が起こると順を追って話ができる介護側の意見が前面にクローズアップされ、本人の意見は後回しにされがちです。今回は、認知症高齢者の心理とはどのような状態なのか、ぼけた本人自身は気楽なのか?本当の気持ちを紹介します。また、認知症と環境の変化についての関係も紹介しているので参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました