人付き合い

老後の生活

うわさ話に巻き込まれてしまった場合の対処法|そのうちは実現する?

人とのコミュニケーションの中に、「井戸端会議」というものがあります。これは昔、近所の人々が井戸の周りに集まって洗濯や水くみなどを行いながら、人のうわさや世間話をしたことから始まりました。
老後の生活

人付き合いを悪くするシニアの口癖4選!心当たりはありませんか?

年をとると、プライドが邪魔をするのか若い時に言えた言葉が素直にいいずらくなるものですが、それによって相手に「話づらい人」と思われているかもしれません。今回は、シニア世代の円滑なコミュニケーションの邪魔をする悪い口癖を4つ紹介します。この言葉をよく使う人は自分でも知らず知らずのうちに人付き合いを悪くしているかもしれません。心当たりはありませんか?参考にして下さい。
老後の生活

NGな人付き合いの特徴!「でも」「だけど」が口癖ではありませんか?

会話の中で、頻繁に「でも」「だけど」という言葉を使う方がいます。本人はよかれと思って使っているのでしょうが、いわれた側はあまりよい印象に受けとっていないのが事実です。今回は、NGな人付き合いの特徴として「でも」「だけど」という言葉について説明していきます。また、挨拶についての必要性も説明しているので、よりスムーズなコミュニケーションを目指している方は参考にしてください。
老後の生活

あなたは人付き合いが上手ですか?知らずに使っているNGワードを解説

「自分の周りには常に人がいて、人付き合いは上手い方だ」と思っている方は多くいらっしゃると思いますが、もしかしたら「人付き合いがうまい」と思っているのは単なる自分の思い込みで、周りの人はそう思っていないかもしれません。今回は、このような自分自身ではわからないコミュニケーション能力について解説していきます。あなたは会話の中でこんなNGワードを使っていませんか?参考にしてください。
老後の生活

脳を衰えさせない人付き合いのコツ!シニアのコミュニティについて

年齢を重ねてくると友達を作る機会が徐々に減っていくため、シニアになるころには若いときよりも周りのコミュニティが狭くなってしまうのは周知の事実です。昔からの友人との会話は気兼ねすることがなくラクでよいのですが、脳の活性化の面で考えるとそのコミュニティだけでは不十分といえます。今回は、そんな脳を衰えさせない人付き合いのコツを紹介していきます。参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました