65歳から介護保険使える?そんなことありません【例外もあります】

specific-illness介護保険

介護保険は65歳から使えると思っている方が多いですが、実は特定の病気に該当すれば40歳から使うことも可能です。今回はその条件など説明していきます。

40歳からでも介護保険サービスを受けられる人とは

specific-illness2

40歳~64歳の第2号被保険者は下記の16種類あるいずれかの特定疾病に該当し、要介護認定を受けた方のみ介護給付を受けることができます。

介護保険で対象となる疾病(特定疾病)

  • 末期がん
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 初老期における認知症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

もちろん65歳以上の人は特定疾病以外でも介護保険を利用できる

もちろん65歳以上の第1号被保険者の方も介護認定が降りることで、介護保険が利用でき、介護保険制度内の日常生活支援や介護サポートを受けることができます。

介護保険は65歳以上の要支援、要介護認定を受けた人が使えるけど、40歳以上の人も特定の病気で要介護認定が降りたら使えるのね。

40歳になる前の人は介護保険制度が使えるの?

39歳以下の人は、たとえ介護が必要な状態になっても介護保険を利用することができません(その代わり障害者認定を受け、障害者制度のサービス利用を利用することができます。)

ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
300万円までの資金調達なら最短即日!
毎日無料相談実施中!!【保険の相談ひろばLINK】

介護保険証を持っているだけでは介護サービスは受けられません

利用者の住んでいる市町村から65歳以上の方には「介護保険被保険者証」が送られてきますが、この介護保険証を持っているだけではサービスは受けられません。

介護サービスを受けるためには市町村に認定の申請を行い、介護が必要かどうかの要介護認定を受ける必要があります。

介護保険料を延滞するとどうなるの?

介護保険料を延滞すると介護保険サービスが全額自費(10割負担)になり、介護保険サービスを利用するのが難しくなります。

1年~1年6か月の滞納

介護保険サービス費用の支払い方法が変更になります。通常であれば、利用した介護保険サービス費用の1~3割を負担することろを一旦全額を支払う必要があります

まずは介護保険料の滞納分を納付します。その後、市区町村の介護保険を担当している窓口に領収書を提出して返還申請を行うと、支払った料金の9割が返還されます。

1年6か月~2年の滞納

介護保険給付費が一時差し止めとなります。

介護保険サービスを全額支払うことになり、差し止められた介護保険給付費は、介護保険料として滞納している分に充てられることがあります。つまり、払い戻しの申請をしたとしても、戻ってくるはずの9割が返ってこないということになるのです。

2年以上の滞納

介護保険サービス費用の自己負担額が1割から3割に上がります。

納付期限から2年が経過すると時効により保険料が納められなくなるので、注意が必要です。また、高額介護サービス費も払い戻しされなくなります。

最悪の場合は、滞納保険料徴収のために財産を差し押さえられることも考えられます

恐ろしいわ・・・。

介護保険料延滞を防ぐために

specific-illness1

介護保険料の納付がどうしても難しい場合は市町村の窓口に問い合わせをすると、事情によっては保険料の分割納付、減免などが認められる場合のあります。

大事なのは確実に支払うという意思を見せることです。

介護保険料の減免措置の申請

市町村の介護保険の担当窓口に相談し、一定の要件に該当すると介護保険料の減免措置が受けられます。

これにより滞納にならずに払っている人と同じ条件で介護サービスを利用できます。

事故や病気、災害の場合は減免・免除をしてもらえる場合も

以下の事情に該当するときは、減免や免除をしてもらえることがあります。

  • 災害や水害などの災害により、住宅や家財などが被害を受けたとき
  • 死亡したり、事故などで重大な障害を負った場合や、長期入院で働けなくなって収入が減少したとき
  • 倒産や失業など
  • 天変地異などで農作物が不作・不漁 など

減額や免除の具体的な基準は市区町村ごとに対応が異なっているので事前に確認してみましょう。

生活保護の申請

介護保険料だけではなく生活そのものが経済的に厳しいときは、生活保護の申請を行いましょう。

生活保護の受給に抵抗を感じる人も多いですが、生活保護が受けられると介護保険料分が上乗せして支給されます。

滞納すると延滞金もついてきて大変ですから、滞納しそうなときは早めに市町村の窓口で相談することをお勧めします。

65歳から介護保険使える?例外もあります:まとめ

40歳~64歳の第2号被保険者は上記の16種類いずれかの特定疾病に該当し、要介護認定を受けた方のみ介護給付を受けることができる。

39歳以下の人は、介護が必要な状態になっても介護保険を利用することができない(その代わり障害者認定を受けることができる)

介護保険料を延滞すると、最悪な場合財産を差し押さえられることもあるので、早めに市区町村の窓口で相談する

ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
300万円までの資金調達なら最短即日!
毎日無料相談実施中!!【保険の相談ひろばLINK】
タイトルとURLをコピーしました