うわさ話に巻き込まれてしまった場合の対処法|そのうちは実現する?

someday老後の生活

人とのコミュニケーションの中に、「井戸端会議」というものがあります。井戸端会議とは、昔々近所の人々が井戸の周りに集まって洗濯や水くみなどを行いながら、人のうわさ話や世間話をしたことから始まったといわれています。

近年では井戸こそなくなりましたが、幼稚園の送り迎えのバス停留所や公園など、場所は違えど「井戸端会議」は存在しています。そして一般的に、うわさ話や世間話は人の悪口や陰口が大半なため、ただそこにいるだけで思わぬトラブルに巻き込まれることもあったりします。

今回は、そのようなうわさ話に巻き込まれないための対処法を1つ紹介します。また、一般的に「いつか」「そのうち」という言葉には現実味があるのかどうかも解説していきます。参考にしてください。

もし、うわさ話の場に遭遇してしまったら

someday1

あそこの家の奥さん、ゴミ出しのマナーがなってなくて」「○○さん、今度お引越しされるそうよ」など、こんなうわさ話はあなたの周りのあちこちで交わされていることでしょう。そんな場面に出くわした時、あなたはどんな対応をしているでしょうか。恐らく「うんうん」「そうね」など、軽いあいづちを打ちながら何か発言をしているか、それとも何も言わず聞き入っているかのどちらかだと思います。

本人がいないところで交わされるうわさ話は、高確率で悪口になりがちです。そのときには何も発言していなかったとしても、そのうわさ話の場所にいただけで「一緒になってうわさ話をしていた」ことにされる可能性は大いにあります。気軽に話していたことでも、話に尾ひれがついて「私はなにもいってないのに…」と意外な展開になってしまうことだってあるのです。

人間関係を円滑にするためには、このようなうわさ話の場に遭遇しないことが一番です。しかし、うわさ話に参加したくてもしたくなくても、場の空気や話の流れでこの手の話になることはあるでしょうし、できれば席を外したいと思っても、そうもいかないここともしばしばです。

そんな時にはさりげなく話題を変えれるよう、何か全く違うことを話してみましょう。うわさ話の場で黙っているだけ、一緒にいるだけでも共犯者にされてしまうので、全く違う話で相手の興味をそらさなければなりません。

【見放題chライト】DMMの動画が見放題!
【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!
someday2

中には「でも、急な話題が見つからない」という人もいらっしゃると思います。そんな時はうわさ話をしているメンバーの誰かをほめる話にもっていくことをおすすめします。

例えば「そのお洋服ステキね。どこで購入したの」「その靴とってもきれい」など、相手の身に着けているものをほめてもよいですし、「最近痩せた?」「お肌がきれいね」など、容姿をほめるもの効果的です。

人は誰でも、自分がほめられると嬉しいものです。ほめられた相手は気分をよくするのは間違いありません。ほめられた相手は「そうかしら。これは去年パリに行って買った○○で…」と自慢話を始めるかもしれませんが、うわさ話の巻き添えになるよりずっといいでしょう。これが本当に賢い人の人付き合いの秘訣だといえます。

1冊95円のDMMコミックレンタル!
忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる – audiobook.jp

「いつか」「そのうち」は実現しない

someday3

例えば夫婦二人暮らしの場合、「いつか二人で豪華客船にのって世界1周旅行をしよう」「そのうち○○県に旅行に行き、名物のものを食べよう」など、将来の夢を語ることも多いと思います。しかし、そのプランの先頭に「いつか」「そのうち」という言葉が付いているのなら、このプランが実現する可能性は低いといえます。なぜなら「いつか」「そのうち」という言葉は社交辞令で使うことが多く、言ったままそれきりになってしまう事がほとんどだからです。

いつか」「そのうち」という言葉は、将来の予定ではなく「夢や希望」の部類に入ると思います。確かに将来に向けての夢や希望は大切ですが、もっと地に足をつけた計画を練る必要があります。

そのためには「いつか」という言葉は「半年後に」「退職した年に」とか、「2024年に」など、具体的な「いつ」なのかをはっきりさせなければなりません。大切なパートナーとの約束を本当に実現したいと思うのなら、「来月の前半に、スキーに行きたいと思うけれど、君の予定はどうだい?」など、具体的な提案をすることが大切です。

「いつか」「そのうち」という言葉を発しているうちに、月日はあっという間に過ぎてしまいます。本当に行きたいなら、日時を付けて「本気度」を示すことが重要になっていくでしょう。



タイトルとURLをコピーしました