必用なのは断る勇気!人付き合いをほどよい距離感にするための方法

socializing老後の生活

あなたの友人はあなたと会ったとき、長々と世間話をしたり、半ば強引にいろいろなイベントに誘ったりすることはありませんか。きっとその友人はよかれと思って誘っているのでしょうが、もしあなたが断れないだけだとしたら、それはよいお付き合いだとはいえません。今回は、友人とあなた両方の視点から人付き合いを円滑にするための老後の知恵を紹介していきます。気が進まない時には断る勇気も必要です。参考にしてください。

人付き合いはほどよい距離間で

socializing1

年齢を重ねてくると、人付き合いもおのずと増えていきます。そんな付き合いの中でも親しくなった人とは、しょっちゅう会いたいし、合えばついつい長々と話し込んでしまうものです。特にお酒の席の場合、1軒だけにとどまらず2件、3件とはしごしてしまうこともあるのではないでしょうか。

楽しい時間というのは、あっという間に過ぎてしまうものです。でも自分が楽しいからといって、長時間相手を引っ張ってしまうのはよくありません。

人にはそれぞれ都合があります。「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、相手の都合を考えないようでは、自分の独りよがりであり相手に迷惑をかけているかもしれません。

スマートな人との付き合い方は「もう少し一緒にいたい」といったあたりで解散することです。いくら親しいからといって、会う頻度が毎日ともなれば、どんなに親しい相手だったとしてもお互い疲れてきてしまいます。「気がついたらしばらく会っていないな」と思ったあたりで連絡をするくらいがちょうどよい距離感です。もしかしたら相手も「ちょうど私も連絡しようと思っていたところ」といった嬉しい言葉を言ってくれるかもしれません。

たまには「できません」ということも必要

socializing2

あなたは近所で「面倒見のいい人」「あなたでなければ務まらない」といわれて町内会の集まりやPTAの役員を務めてしまうなど、たくさんの役目をこなして周りから頼りにされている存在ではありませんか。

確かに若いときは世のため人のため、いろいろな世話役を引き受けて活動するのはよいことだと思います。しかし還暦を過ぎてもそのような役目を引き受けている場合、少し考え方を改めたほうがよいかもしれません。なぜなら歳を追うごとに多かれ少なかれ体力的な問題が出てくるからです。

みんなから頼りにされることはよいことなのですが、徐々にからだがきつくなっていくのにもかかわらず、周りの「あなでなければ」「あなたにお願いすれば間違いない」という声に押されて世話役を続けていると、そのうち自分自身がいっぱいいっぱいになってしまう可能性があります。

休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe
あなたは大丈夫?ストレス度チェックはこちら
販売数15万個突破!
心のサプリ「ヌーススピリッツ」

近所付き合いは「持ちつ持たれつ」を基本にしてに行動する

socializing3

近所の人など、周りにいる他人から頼まれごとをされると、どうしても断れない人がいます断ることが悪いことだと思っており、悪いことをしているわけではないのに罪悪感を持ってしまうのです。

しかしそれが罪悪感だとすれば、それは引き受けたことではなく、引き受けたのに最後までやり遂げることができないことが罪悪感だといえます。責任を果たせないのであれば、最初から引き受けるべきではありません。

昔からある言葉に「持ちつ持たれつ」という言葉があります。つまり、何かを依頼した人と、引き受けた人の両方にとって良い関係が成立するということです。しかしながら依頼した人が満足できず、引き受けた人が罪悪感を覚えるようではとても「持ちつ持たれつ」の関係とはいえません。

年齢を重ねたからこそうまくできる役目もあるでしょうが、それを永遠に続けていくことは不可能です。いざというときのためにすぐ代役が立てれるよう、後輩を育てていくことも年長者としての大事な役割です。

ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
【終活ガイド上級講座】

必用なのは断る勇気!人付き合いをほどよい距離感にするための方法:まとめ

socializing4

友達付き合いの中で親しくなった人とは頻繁に会いたいものですし、会えばついつい長話をしてしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし楽しいからといってズルズル相手を引っ張ってしまうのは、相手にとっては迷惑な場合もあります。そうならないためにも、人付き合いは「もう少し一緒にいたい」というほどよい時間でお開きにするのが賢い大人というものです。

また、近所の人にまとめ役などを頼まれる方の中には「人から頼まれごとをされると、どうしても断れない」という方がいます。しかしあなたの気がすすまなければ断る勇気を持つことも大事です。そのときの断り方そのものには気を付けなければいけませんが、断った後きっとあなたの心のモヤモヤはスッキリするでしょう。

またはっきりと断ることができない方の場合、体力のあるうちは嫌々引き受けてもよいかもしれませんが、いざというときにすぐ役目が降りれるよう、後輩を育てておくことも重要です。後輩を育てるには忍耐力と時間がかかります。今から考えて準備しておいた方がよいでしょう。




タイトルとURLをコピーしました