短期入所系サービスとは(ショートステイ等)わかりやすく解説します

short-stay介護保険

短期入所生活介護(ショートステイ)とは、その名の通り1日単位で利用ができる宿泊施設です。今回はショートステイの種類をわかりやすく、かつ詳しく説明していきます。

短期入所生活介護(ショートステイ)とは何をするところなのか?

short-stay2

短期入所生活介護(ショートステイ)とは、要介護者・要支援者を施設に一定期間受け入れて短期間入所し、入浴や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護・リハビリテーション・入浴などを提供するサービスです。また、施設によってはレクリエーションも行います。

介護福祉士などが主になり生活面での支援を受ける「短期入所生活介護」と、

医療的なケアを受ける「短期入所療養介護」の2種類があります。

短期に利用するってどんな時なのかしら?

主に介護してる人の病気や冠婚葬祭、休息の目的で利用されることが多いです。

短期入所生活介護の種類

短期入所生活介護の種類は下記のようになっています。

短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護(ショートステイ)は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活をおくることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤独感の解消や心身機能の維持回復だけだはなく、家族の介護負担軽減などを目的として実施しています。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などが、常に介護が必要な方の短期間の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供します。

対象者の条件は以下があげられます。

  • 利用者の心身の状況や病状が悪い場合。
  • 家族(介護者)の疾病・冠婚葬祭・出張
  • 家族(介護者)の身体的・精神的負担の軽減など。

サービス費用は、施設の形態、居室の種類、職員の配置などによって異なります。

以前は特別養護老人ホームなどの複合型施設でサービスが提供されていましたが、最近はショートステイ単体の施設も増えてきています。

利用日数に気を付けましょう。短期入所生活介護(ショートステイ)の連続利用日数は30日までです。

日常生活費(食事・滞在費・理美容代)などは別途負担する必要があります。

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】
積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅

短期入所療養介護(ショートステイ)

短期入所療養介護(ショートステイ)は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活をおくることができるよう、療養生活の質の向上および家族の介護負担軽減などを目的として実施しています。

医療機関や介護老人保健施設、介護医療院が日常生活上の世話や、医療・看護・機能訓練などを提供します。

サービス費用は、施設の形態、居室の種類、職員の配置などによって異なります。

利用日数に気を付けましょう。短期入所療養介護(ショートステイ)の連続利用日数は30日までです。

日常生活費(食事・滞在費・理美容代)などは別途負担する必要があります。

短期入所生活介護と短期入所療養介護はまとめてショートステイと呼ばれています。短期入所療養介護の方がよりリハビリテーションに力を入れている気がします。

とてもいい制度なのですが、利用者は一時的に慣れない環境で生活することになるので病気の悪化や転倒などの心配もあります。

そうならないためにも余裕があれば施設の雰囲気や職員との相性などを確認して利用することをお勧めします。

そうなのね、わかったわ!

また最近では下記のように利用者の心身の負担を軽くするため、訪問・通い・宿泊を組み合わせたサービスもできています。

積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅
ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
始める方が増えている不動産投資!始める前の無料相談は【トウシェル】で!

小規模多機能型居宅介護

short-stay1

小規模多機能型居宅介護とは、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活をおくることができるよう、利用者の選択に応じて施設への「通い」を中心として短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組み合わせ、家庭的な環境と地域住民とのと交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。

つまり、デイサービス、ホームヘルプ、ショートステイの3つのサービスを提供することができる施設です。

小規模多機能型居宅介護は基準が厳しく定員数は「施設に通い」がおおむね15名以下、「宿泊」がおおむね9名以下になります。(1事業所あたりの登録は29名まで)

このサービスを利用中は訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具以外のサービスは利用できません。また、ほかの事業所によるデイサービスやホームヘルプを利用することはできません。

日常生活費(食費・宿泊費・おむつ代)などは別途負担する必要があります。

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問(介護)」に加えて、看護師などによる「訪問(看護)」も組み合わせることで、家庭的な環境と地域住民との交流の下で介護と看護の一体的なサービスの提供を受けることができます。

主に医療と介護のニーズが高い在宅療養者を対象としています。

つまり、小規模な施設で通いを中心にホームヘルプ、デイサービス、ショートステイ、訪問看護の4つのサービスが提供されます。

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)は、要支援1・2の人は利用できません。

このサービスを利用中は訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具以外のサービスは利用できません

短期入所系サービスとは(ショートステイ等)わかりやすく解説!まとめ

ショートステイとは1日からでも利用できる宿泊施設である

小規模多機能型居宅介護とは、「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問(介護)」も利用できる複合型サービスである

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】
積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅
ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
始める方が増えている不動産投資!始める前の無料相談は【トウシェル】で!
タイトルとURLをコピーしました