老後の生活|パソコンができなくてもシニアにはお得な情報がいっぱい

senior-discount老後の生活

シニアの中には「最近は旅行に行くにもインターネット限定の予約が多いけれど、パソコンを使うことが難しい」「今さらパソコンを習うなんて、根気が続かない」そう思っていらっしゃる方も多いと思います。今回は、そんなパソコンができない方でも受けることができるお得なシニア向けサービスを紹介します。お得な情報をゲットして、老後の生活を豊かにしていきましょう、参考にしてください。

パソコンが使えなくて、損をしていませんか?

senior-discount1

最近は旅行に行くにも食事に行くにもインターネット予約が主流です。中にはインターネットで予約をしなければ割引が効かない商品も増えてきています。

そんなデジタル時代の昨今ですが、「今さらパソコンなんてできない」とパソコンを使うことを避けてしまっているシニアも多くいらっしゃいます。パソコンが使えるようになると世界が広がるため高齢者にもどんどん利用してほしいとは思いますが、本人のやる気がなければ無理強いしても上達は望めません。そこでここでは考え方を変えてパソコンを使わなくても利用できる高齢者ならではのサービスについて紹介していきます。もちろんパソコンが使える方にとってもお役に立てる情報です。

オーガライフ
安心の全額返金保証やわた本青汁

パソコンが使えなくても利用できる割引サービス

senior-discount2

自分はまだまだ「シルバー世代」ではないと思っていらっしゃる方も多いと思います。実際70代、80代で元気に活動している人も大勢いらっしゃいますので、この呼び方はそろそろ変更したほうがよいと思うのですが、それに目をつぶればシニアと名前が付くだけでさまざまな特権を受けることができます。

CMで見たり聞いたりしたことがあるかもしれませんが、JR東日本には「大人の休日クラブ」という会員制度があります。この「大人の休日倶楽部」には、ミドル会員とジパング会員の2種類があり、ミドル会員の入会資格は男性が50歳~64歳、女性は50歳~59歳までとなっており、ジパング会員の場合は男性が65歳以上で、女性が60歳以上となっています。つまり、50歳以上になるとこの制度に入会することができるのです。

こちらの会員になるとJR東日本の全線が乗り放題になる「大人の休日倶楽部会員パス」が利用できるなど、旅行が好きな人にとっては、とても魅力的な割引サービスが多く発売されています。

申し込み方法についてもパソコンは必要なく、JRの「みどりの窓口」に行き申し込み用紙に必要事項を記入するだけで手続きが完了するので簡単です。

senior-discount3

その他にも、映画館で映画を見たいときに夫婦どちらかが50歳以上の場合は「夫婦50割引」という制度があり、年齢のわかるものを持っていけば夫婦二人分のチケットを2200円で買うことができます。また60歳以上では1100円になるシニア割引もあり、一般の人よりも安い値段で映画を見ることができます。(ただし、映画館によってはこれらのサービスを行っていない場合もあるので事前に店舗に確認してみたほうがよいでしょう)

航空会社でもANAのシルバー割引JALのシルバー割引があり、飛行機を利用するときにはぜひ活用したいものです。

さらに東京都に住んでいるシニアの場合、都バス、都電、都営地下鉄、日暮里・舎人ライナーのほか、一部の民営バスを利用できる「シルバーパス」というサービスを受けることができます。こちらの制度は東京都民であれば70歳の誕生日の初月から申請でき、収入によって1000円~20510円の費用で利用できるサービスとなっています。

その他にも、都道府県ごとに博物館や美術館、動物園や植物園などの公共施設で高齢者割引を行っています。パソコンが苦手でも上記のような高齢者の特権やサービスを大いに活用して、お値打ちな金額で楽しくお出かけをしたいものです。

血圧、コレステロール、血糖値が高めの方へ。無料生活習慣病検診実施中
薄毛でお悩みの方に朗報!AGA治療薬の治験に参加していただける方募集

老後の生活|パソコンができなくてもシニアにはお得な情報がいっぱい:まとめ

デジタル時代の昨今ではありますが、パソコンを使いこなしている高齢者はまだまだ少ないのが現状です。たとえこれからパソコンを習うにしても、このくらいの年齢になると「本人のやる気や根気があるかどうか」で学習に差がでてきてしまいます。

しかし「私にはパソコンは難しい」と思っている方でも利用できるように、民間企業はさまざまな「シニア割」のサービスを提供していますので、これらをうまく活用して楽しいシニアライフを送っていきましょう。



タイトルとURLをコピーしました