薬剤師に強い転職サイト・転職エージェント4選【辞める前提で選ぶ】

pharmacist1資格・転職

このページに訪問してくださった方は「薬剤師」の方で、すでに働いている方も、そうではない方も「転職で失敗したくない。薬剤師業界に詳しい転職エージェントを教えて欲しい。薬剤師でおすすめの転職サイトないかな。」といろいろ探している方だと思います。この記事はこのような疑問にお答えます。

薬剤師に強い転職サイト・転職エージェント4選

pharmacist

結論から言うと、、、どこのサイトも大した違いはありません。

大手を中心にいくつか登録しておけばOKです。

薬剤師に強い転職サイト・転職エージェント3選

ジョブデポ薬剤師

   8万件の求人数で、常勤・非常勤問わず全国の転職サポート

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

   求人数が多く、交渉力が強い

【薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ】面接交通費一律3万円(初回)♪

   派遣求人が豊富・充実した教育体制

国家資格キャリアコンサルタントが多数在籍【薬剤師ベストキャリア】

  「転職して終わり」ではないキャリア支援

【未経験歓迎】Linuxサーバー構築、短期集中型の無料IT&就活スクール

転職は結局はマッチングの問題です

どんなに転職サイトが素晴らしかろうが、どんなに転職エージェントが素晴らしかろうが、転職先の会社が微妙だったら意味ないですよね。要するに、転職が成功するorしないはマッチングの問題でして、最終的な判断はあなた自身にあります。

まずはサイト登録をしてみて、転職案件の詳細をチェックしてみて、企画担当者に会ってみて、面接で話を聞いてみて、、、こういったプロセスの中であなた自身が判断することです。

私自身はハローワークから提案された場所で転職を進めていたのですが、最終的にはお断りしました。その理由は私の考えとマッチしなかったからです。

企業に選ばれるのではなく、企業を選ぶことが大切

面接と聞くと、「よし、気合入れて受からないと・・・!」「好印象を与えることができるように頑張ろう」って気持ちになります。

これは半分正解で、半分不正解です。

なぜなら、あなた自身も企業を判断する立場にあるからです。

当たり前ですが、面接で媚を売って、自分をよく見せて、いろいろと大げさに言って入社しても、自分自身には何の得にもなりません。入社してから苦しむのはあなた自身です。

面接で自分をよく見せることに否定はしませんが、(面接とは本来そうあるべき)どうしても曲げられない価値観はしっかりと主張すべきです。それでもマッチしたら、その会社はあなたにとっての正解かもしれません。

メディアに騙されるのはよくない

薬剤師業界だと、いくつか大手企業の名前は浮かんでくるかと思います。

でも、メディアで人気=ホワイト企業とはかぎりません。

私の友人の薬剤師は、大手調剤薬局で働いているのですが、「人手不足で毎日残業、他の支店で欠員が出ればすぐ転勤」と、見ていてとても辛そうでした。

もう一度言いますが「この企業が自分にとって正解なのか?」を選ぶのはあなた次第です。しっかりと見極めましょう。

一般的な薬剤師の転職にベストな時期はいつ?

pharmacist1

一般的に、薬剤時の転職にベストな時期は、結論から言うと

  • 1月~3月の年度末
  • 秋から冬にかけて
  • 有給付与・ボーナスを受け取ったあと

の3つの時期がベストタイミングになります。

「1月~3月」は、一般的に求人が増える時期

1月~3月は、薬剤師でなくても転職市場が活発になる時期です。

1月~3月の、特に年度末は、以下のような理由から人材の採用が積極的に行われるようになります。

  • 3月末で定年退社、契約終了という形で転職する人が多い
  • 新年度がスタートする前に転職しようという人が多くなる
  • 12月ボーナスをもらった後に転職する人も多い

転職を行うならば年度末の時期は特にチャンスであると理解しておきましょう。

秋から冬にかけては、風邪の流行など、薬剤師の需要が多い

秋から冬にかけては、風邪の流行などがあり、薬剤師の需要が増えます。特に、ドラッグストアや調剤薬局はこの傾向にあります。

有給付与・ボーナスを受け取ったあとに転職をする

有給付与・ボーナスを受け取った後に転職をするのは賢い選択です。会社に退職を切り出すのは、ボーナス額が確定してからの方がベストです。確定前に伝えてしまうと、ボーナス査定を下げられてしまう恐れがあるからです。

補足

転職市場が活発になる時は、ライバルも多数

求人が多い時期の転職は、「ライバルも増える」ということを忘れてはなりません。特に好条件の求人には、希望者が殺到し、内定獲得のハードルも低くなります。

求人が増える年度末よりも、やや早いタイミングで転職活動を開始することが、ライバルを出し抜くベストな方法です。

まずは行動し、動きつつ考えるのがおすすめ

何事もそうですが、まずは動いてみないと何も変わりません。

では、本記事で紹介した薬剤師の転職サイトや転職エージェントを使うタイミングはいつなのか?その答えは、会社を辞める前であり、今すぐ行動するのが一番の正解です。

よくある話で「会社を辞めてから考えればいいや」という人がいますが、一度会社を辞めてしまうと収入が「ゼロ」になります。では、その状態で余裕をもって転職活動ができるかというと、、、心理的には焦ってくるのではないでしょうか。

仕事をしつつの転職活動は少しハードかもしれませんが、よりよい転職を目指すためには、少し頑張ってみることも大切です。

薬剤師に強い転職サイト・転職エージェント4選【辞める前提で選ぶ】まとめ

転職サイト・エージェントを探すポイントは、

  • 転職は結局はマッチングの問題です
  • 企業に選ばれるのではなく、企業を選ぶことが大切
  • まずは行動し、動きつつ考えるのがおすすめ

転職サイト・転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。どのサイトも登録は5分程度で終わりますので、ぜひこの機会に行動してみましょう。

ジョブデポ薬剤師・・・・8万件の求人数で、常勤・非常勤問わず全国の転職サポート

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア・・・ 求人数が多く、交渉力が強い

【薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ】面接交通費一律3万円(初回)♪・・・派遣求人が豊富・充実した教育体制
国家資格キャリアコンサルタントが多数在籍【薬剤師ベストキャリア】・・・「転職して終わり」ではないキャリア支援
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】
【未経験歓迎】Linuxサーバー構築、短期集中型の無料IT&就活スクール
タイトルとURLをコピーしました