ねんきん定期便あなたの年金はいくら?見方をわかりやすく説明

pension-regular-flights老後の生活

定期的に送られてくる「ねんきん定期便」将来受け取れる年金額がわかるって言われているけれど「どこをどう見たらいいの?」「漢字がいっぱいで理解するのが大変」「とりあえずチラ見して何となく保管している」方は多いと思います。今回は、「ねんきん定期便」からあなたの将来もらえる年金はいくらなのか?見方をわかりやすく説明します。

実は年齢によって違う「ねんきん定期便」が送られていた!

pension-regular-flights3

国民年金や厚生年金に加入している人は、毎年の誕生日の月に送られてきます。その種類としては、

  • 50歳未満の方(35歳・45歳の方を除く):はがき
  • 35歳・45歳の方:封書
  • 50歳以上の方(59歳の方を除く):はがき
  • 59歳の方:封書

と、年齢によって分かれています。

「ねんきん定期便」の見方

ここでは一般的な50歳未満の方(35歳・45歳を除く)のはがきで見方を説明していきます。

令和元年度「ねんきん定期便」(50歳未満)ねんきん定期便のサンプル参照

A 1、これまでの保険料納付額(累計額)

(1)国民年金保険料(第1号被保険者期間):これまでに国民年金を払った保険料の合計額(自営業、学生、無職、会社で厚生年金に入ってないフリーターなど)

(2)厚生年金保険料(被保険者負担額):これまでに厚生年金を払った合計額(サラリーマンなど)

厚生年金の保険料は、本人と勤めている会社が半分ずつ払うことになっています。ここに載っている金額は自分で払った(給料から引かれている)金額で、実際の国に支払っている保険料はこの倍額となります。

(1)と(2)の合計:(1)と(2)の合計額

B 2、これまでの年金加入期間

第1号被保険者(未納月数を除く):国民年金の期間のうち、保険料を納めている期間+保険料が免除された期間の月数

第3号被保険者:会社員や公務員など国民年金の第2号被保険者(夫など)に養われている20歳以上60歳未満の(専業主婦など)であった期間の月数

船員保険:船員保険の被保険者(漁師など)であった期間の月数

公務員厚生年金:公務員共済組合(公務員)であった期間の月数

私学共済厚生年金:私立学校教職員共済組合(私立学校の先生など)であった期間の月数

厚生年金保険 計:厚生年金保険(b)の合計月数

年金加入期間 合計(未納月数を除く):国民年金計+船員保険+厚生年金保険計の合計

合算対象期間等:年金額には反映されませんが、「受給資格期間」に算入される「合計対象期間」の合計月数

※合算対象期間とは、年金額を計算するための基礎とはなりませんが、年金を受け取るために必要な「年金加入期間」としてみなされる期間のことを言います。例えば、海外に住んでいた期間など。

受給資格期間:年金加入期間合計+合算対象期間等 の合計月数

老齢基礎年金を受けるためには、現在は原則として、保険料を納めた期間と免除された期間を合算して10年(120月)の「年金加入期間」が必要です。

最後の欄の「受給資格期間」が10年(120月)以上であればもらえるんだね!

C 3、これまでの加入実績に応じた年金額

pension-regular-flights1

(1)老齢基礎年金:これまでの国民年金・厚生年金保険・船員保険の加入実績をベースにした老齢基礎年金の金額

(2)老齢厚生年金:これまでの厚生年金保険・船員保険の加入実績をベースにした老齢厚生年金の年額

(1)と(2)の合計:老齢基礎年金+老齢厚生年金の合計金額

令和元年度「ねんきん定期便」(50歳未満)ねんきん定期便のサンプル参照

D 最近の月別状況です

ここでは金額は表示されず、払っている状況が載っています。

具体的には、「納付済」「未納」「3号」「全額免除」「合算」などが記載されます。なお、厚生年金の加入者は空欄になっています。

【未経験歓迎】Linuxサーバー構築、短期集中型の無料IT&就活スクール
明るい介護転職をするなら【ウェルクルーエージェント】
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

厚生年金の保険料の場合

厚生年金の保険料の場合は、月々の収入額によって決まるので、ここでは「給料の金額」と「ボーナスの金額」で払った保険料が記載されます。

ここに載っている内容に漏れや間違いがないか、必ずチェックしましょう。もし抜けている月があれば、その分加入期間が短くなり、年金額も減ってしまいます

特に転職したときには厚生年金保険適用事業所の切り替えがあり、未納付が発生しやすいので注意が必要です。

この欄は、「転職」「自営業になった」「専業主婦(主夫)になった」場合は要チェックですね。

疑問な点、おかしな点があれば、お近くの」「年金事務所」や「ねんきん定期便・ねんきんねっと専用番号」などへ問い合わせてみましょう。連絡先は「ねんきん定期便」に書いてあります。

ねんきん定期便の見方をわかりやすく説明:まとめ

  • 「ねんきん定期便」は、年齢によって「はがき」「封書」と分かれて送られてくる
  • 特に【これまでの加入実績に応じた年金額】は大事で、「転職」「自営業になった」「専業主婦(主夫)になった」場合はよく確認する
  • 疑問点があれば「ねんきん定期便」お問い合わせで問い合わせてみる

人口の変化によって年金制度は変わっていくので、あくまでも現時点での将来もらえる金額です。個人的にはこれから減らないことを祈ります。

【未経験歓迎】Linuxサーバー構築、短期集中型の無料IT&就活スクール
明るい介護転職をするなら【ウェルクルーエージェント】
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】
タイトルとURLをコピーしました