【入浴介助の誤解】機械浴は家のお風呂より良い?機械浴に潜むリスク

machine-bath介護保険

以前では「歩けなくなったら機械浴で入浴する方が本人にとっても介護する側にとってもよい」といわれていました。しかし近年ではその考えは見直されつつあります。今回は、高齢になり介護を受けるようになった場合、自宅の浴槽よりも機械浴で入浴するほうが本当によいのかどうかを説明していきます。また機械浴に潜む意外なリスクも紹介するのでケアの参考になれば幸いです。

入浴は高齢者にとって楽しみの1つ

machine-bath1

「食事」と同じように「入浴」も日本の文化であり、高齢者が自分で行いたい生活習慣です。しかし高齢になると着替えや体を拭くなどの一連の動作に時間がかかるため、介護する側は早く済ませようとついつい手伝ってしまいがちです。

高齢者にとって良いケアとは、高齢者の生活習慣を尊重することです。時間がかかっても自分で行える動作に手を出してしまったら、できることもできなくなってしまいます。介護する側は「最後まであたりまえのお風呂に自分主導で安心して入れますよ」という知恵と技が必要なのです。

宅配制限食の【メディミール】
血圧、コレステロール、血糖値が高めの方へ。無料生活習慣病検診実施中
薄毛でお悩みの方に朗報!AGA治療薬の治験に参加していただける方募集

機械浴とは

機械浴とは大きく分けて座ったまま入浴ができるチェアー浴と、寝た状態で入浴ができるストレッチャー浴の2種類があります。特にチェアー浴はお風呂専用のイスに座ったまま入浴する方法で、上下への移動が少ないのが利点です。

機械浴の問題点

介護施設の中には高価な機械浴を売りにしている施設があります。しかし機械浴では高齢者自身が本当のお風呂に入った気にはなりません。最近の介護では、本当に機械浴が必要な状態以外はできるだけ避けるべきだと考えられています。

また機械浴は意外にも介護する側での事故も起こりやすく、ことあるごとにニュースなどで取り上げられています。機械浴を使用した場合の介護する側、される側の問題点を以下にまとめてみました。

介護される側の気持ちの問題

 

  • ストレッチャーでの浴槽と居間の間の移動はからだが宙に浮くため怖い
  • 湯船の中で足は浮き、頭は沈みそうになるなど姿勢が不安定
  • 上を向いて寝た姿勢では洗体や洗髪、脱着衣も自分でできない
  • 機械浴しか入浴させてもらえないという人生の絶望感

上記のように介護される側の意思は関係なく全介助の状態になるため、本人は「自分一人で入浴ができなくなった」という絶望感におちいってしまいます。これが原因で生きる意欲をなくしてしまう場合もあるのです。

介護する側の問題

 

  • 全介助なため介護量は増えている
  • ストレッチャーから移動するときの転落事故が起きやすい

このように機械浴では高齢者自身の生きる意欲をなくしてしまう場合が多く、介護する側にとっても全介助になるため介護量が増える状態になります。また機械浴に移動する際の転落事故や、お湯はりを自動で行うシステムが多いため、事前に湯温を確かめることを忘れてしまい誤って高齢者を熱湯に入れてしまうなどの事故が起きやすくなっています。もともと全介助で意思疎通が難しい方の場合は別ですが、歩けなくても座ることができる人であれば、普通の浴槽を使って入浴することは可能です。また普通の浴槽で入浴することは、本人の自立度を上げるためにも必要だといえます。

できるだけ機械浴は使用しない

無料の転職支援サービスあり【ココカイゴ転職】
【ジョブデポ看護師】看護師の会員登録プログラム
キャリアアップ応援制度あり!介護職のキャリアアップなら介護専門求人サイトかいご畑

高齢になっても和式浴槽に入れる

machine-bath2

歩けない人や一人で立てない人でも、車いすに座れる人なら家庭用の浴槽でも入ることができます。そのときの注意点としては、浴槽と同じ高さの台を浴槽横に設置し、車いすの場合は一度その台に移ってから湯船に入ることがポイントになります。介護する側も湯船の中では浮力が働いて高齢者のからだが軽くなるため介助しやすく、洋式浴槽ほどかがんで介護しなくてもよくなるため腰を痛めずにすみます。

また、湯船から上がるときは高齢者には片足を引き頭を前に出してもらい、介護する側は両手でお尻をあげるのではなく前に押し出すようにして介助すると小さな力で立ち上がらせることができます。

とある施設では、大浴場を改装して和式浴槽に作り替え、今まで機械浴だった人を入浴させたらすんなりと和式浴槽で入浴することができたそうです。このことから本人が座れる状態であれば、和式浴槽こそ障害者や高齢者の入浴に適しているといえます。

また昔ながらの浴槽で入浴することは高齢者自身にとっても「本当のお風呂に入った」という充実感を味わうことができ、精神的な安定や満足感を保つ効果も期待できます。

立てなくても座ることができれば和式浴槽で入浴できる

【入浴介助の誤解】機械浴は家のお風呂より良い?機械浴に潜むリスク:まとめ

いままでは「機械浴があれば寝たきりの人でも楽に入れるし、機械の力を使えば介護者も楽で助かる」と思われていましたが、最近では機械浴での入浴は本人の生きる意欲を減少させ、かつ介護する側の負担も大きくなるということがわかってきました。

また「歩けないのだから家のお風呂は難しい」とあきらめている方も多いと思いますが、車いすに乗れる人なら家庭用の和式浴槽に入ることができます。介護の方法次第ではむしろ家庭浴槽こそ障害者や高齢者の入浴に適しているといえるので、座れる状態であれば浴槽横に台を設置して家庭のお風呂で入浴できるようケアを行っていきましょう。

ご利用継続率96%!【ミニメイド・サービス】
積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅
老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

タイトルとURLをコピーしました