訪問系サービスとは?ホームヘルプ種類についてわかりやすく説明

home-helper介護保険

訪問系サービスとは?ホームヘルプなど種類が多いですが1つ1つわかりやすく説明していきます。

まず初めに:訪問サービスの意味

home-helper3

訪問サービスは、自宅で暮らす要介護者・要支援者を訪問して、買い物や掃除などの生活支援、食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理、指導などの看護、リハビリ・入浴などを提供するサービスです。

訪問サービスの種類

家に来てもらうサービスをまとめて訪問系サービスと言います。細かく種類分けしていくと下記になります。

訪問介護(ホームヘルプ)

訪問介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排せつ・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。

通院などを目的とした乗車・移送・乗り降りの介助サービスを提供する事業所もあります。

訪問介護では、次のようなサービスを受けることはできません。

  • 直接利用者の援助に該当しないサービス(利用者の家族のための家事や来客の対応など)
  • 日常生活の援助の範囲を超えるサービス(ペットの世話、大掃除、草むしり、窓のガラス磨き、年末、年始の行事の準備など)

ご利用継続率96%!【ミニメイド・サービス】
年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」
お手頃価格1食490円(宅配料込)~|ワタミの宅食
ウイルス対策ドットコム

訪問看護

home-helper1

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の心身機能の維持回復などを目的として医師が必要と認めた場合、看護師が自宅を訪問し医療的なケアを行います。必要に応じて保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が行うこともあります。

訪問看護では、病状に応じて次のようなサービスを受けることができます。

  • 血圧・脈拍・体温などの測定、病状のチェックなど
  • 排せつ、入浴の介助、清拭、洗髪など
  • 在宅酸素、カテーテルやドレーンチューブの管理、じょくそうの処理、 リハビリテーションなど
  • 在宅での看取り

訪問入浴介護

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の身体の清潔の保持、心身機能の維持向上を図り、利用者の生活機能の維持または向上を目指して実施されます。看護職員と介護職員が利用者の自宅に簡易浴槽を持ち込んで入浴の介助を行うサービスです。お風呂付のデイサービスよりお高めなので身体の自由がきかない方、要介護度の重い方が利用しているのがほとんどです。

訪問リハビリテーション

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、医師が自宅でのリハビリが必要だと判断した人が対象です。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが自宅を訪問し、心身機能の維持回復や日常生活の自立に向けたリハビリテーションを行います。

夜間対応型訪問介護

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を、24時間安心して送ることができるよう、夜間帯に訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問します。

「定期巡回型」と「随時対応型」の2種類のサービスがあります。

定期巡回とは

夜間帯(18~8時)に定期的な訪問を受け、排せつの介助や安否確認などのサービスを受けることができます。

随時対応とは

ベットから転落して自力で起き上がれない時や夜中に急に体調が悪くなった時などに、訪問介護員(ホームヘルパー)を読んで介助を受けたり、救急車の手配などのサービスを受けることができます。

要支援1・2の人は利用できません。また、次のサービスを受けることはできません。

  • 直接利用者の援助に該当しないサービス(利用者の家族のための家事や来客の対応など)
  • 日常生活の援助の範囲を超えるサービス(ペットの世話、大掃除、草むしり、窓のガラス磨き、年末、年始の行事の準備など)

居宅療養型管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士など通院が難しい利用者の自宅を訪問し必要な管理、指導を行うサービスです。この場合アドバイスのみで実際の治療は行いませんが、例外で行うこともあります。

定期巡回・随時対応型訪問看護

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、定期的な巡回や随時通報への対応など、利用者の心身の状況に応じて、24時間365日必要なサービスを必要なタイミングで適切に提供します。サービス提供にあたっては、訪問介護員だけでなく看護師なども連携しているため、介護と看護の一体的なサービス提供を受けることもできます。

POINT

要支援1・2の人は利用できません。

家に来てくれるサービスはたくさんの種類があるのね

そうなんです。一口に訪問系サービスと言ってもいろいろな種類があり、しかもできること、できないことが細かく決められているのでそれを頭に置いてサービスを検討しないといけないのです。

そうなのね。訪問系サービス種類がわかってよかったわ。

訪問系サービスとは?ホームヘルプ種類について説明:まとめ

訪問系サービスには

  • 訪問介護(ホームヘルプ)
  • 訪問看護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問リハビリ
  • 夜間対応型訪問介護
  • 居宅療養管理指導
  • 定期巡回・随時対応型訪問看護

の7種類がある。周りの専門職の人と相談しながら、適切なサービスを選ぶことが大切である。

ご利用継続率96%!【ミニメイド・サービス】
年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」
お手頃価格1食490円(宅配料込)~|ワタミの宅食
ウイルス対策ドットコム
タイトルとURLをコピーしました