【仕事したくないと思った時に】給料が高い仕事ランキングで考える

high-ranking資格・転職

厚生労働省の「平成28年度雇用動向調査」では、転職して新たな会社に入社した人に対して「前の職場を辞めた理由」を聞いたところ、1位は「定年・契約期間の満了」で、2位が「給料が少ない」とのことでした今回は、「仕事したくない!」と思った時に参考になる「給料が高い仕事ランキング」を紹介します。

年齢・性別の平均年収

high-ranking4

まずは年齢・性別の平均年収を見ていきましょう。

年齢男性女性
20~24歳210万円202万円
25~29歳248万円225万円
30~34歳289万円241万円
35~39歳324万円254万円
40~44歳358万円262万円
45~49歳394万円268万円
50~54歳424万円270万円
55~59歳412万円262万円
60~64歳294万円224万円
65~69歳261万円220万円

厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」参照

上記の表で分かる通り、男女とも「50~54歳」が最も年収が高いことがわかります。20~54歳までは年収が徐々に上がっていき、55歳から減少していきます。ですがこれはあくまでも「平均値」なので、20代、30代でも職業やスキルによって高収入の人もいます。今度は、産業別での平均年収ランキングを見ていきましょう。

産業別での平均年収ランキング

順位業種平均年収
1教育・学習支援業398.6万円
2学術研究・専門技術サービス系393.9万円
3情報通信業386.0万円
4金融業・保険業382.7万円
5建築業340.3万円
6卸売業・小売業332.3万円
7製造業311.4万円
8医療・福祉293.7万円
9運輸業・郵便業292.6万円
10その他287.0万円
11生活関連サービス業・娯楽業286.8万円
12宿泊業・飲食サービス業264.5万円

厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」参照:男女正社員の平均値で算出

職業別の平均年収では、1位が「教育・学習支援業」で第2位が「学術研究・専門技術サービス系」となっています。こちらは男女正社員のみでの計算なので、アルバイト・パートなどを含めるとまた違った順位になりますが、おおよそこのような目安になります。

【未経験歓迎】Linuxサーバー構築、短期集中型の無料IT&就活スクール
無料の転職支援サービスあり【ココカイゴ転職】

職業別年収ランキング(1~30位+番外編)

high-ranking1

では、具体的な職業ではどのようなランキングになるのか見ていきましょう。

順位       職業年収
1航空機操縦士1694万円
2医師1169万円
3大学教授1100万円
4大学準教授872万円
5記者792万円
6不動産鑑定士754万円
7弁護士728万円
8大学講師718万円
9高等学校教員709万円
101級建築士702万円
11公認会計士・税理士683万円
12自然科学系研究者681万円
13技術士666万円
14電車運転士618万円
15発破技師617万円
16電車車掌572万円
17獣医師571万円
18歯科医師570万円
19システムエンジニア568万円
20薬剤師561万円
21港湾荷役作業員532万円
22発電・変電工518万円
23圧延伸張工518万円
24自動車外交販売員514万円
25クレーン運転工510万円
26自動車組み立て工506万円
27旅客掛505万円
28各種学校・専修学校教員503万円
29診療放射線・診療エックス線技師501万円
30客室乗務員495万円
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
36正看護師482万円
・・・・・・・・・
72理学療法士・作業療法士409万円
・・・・・・・・・
76准看護師403万円
・・・・・・・・・
80介護支援専門員393万円
・・・・・・・・・
102福祉施設介護員346万円
・・・・・・・・・
111ホームヘルパー327万円

CLABEL参照

いかがでしたでしょうか?

上記のように、業種・年齢・職業別の年収を見て落ち込んだ人も中にはいると思いますが、今からでも頑張れば年収アップは可能です。下記は厚生労働省が発表している転職した人の転職後の賃金の感想です。

感想
賃金が「増加した」           40.4%
賃金が「減少した」    36.1%
賃金が「変わらない」    22.1%

「平成27年度転職者実態調査の概況」転職者の労働条件(賃金・労働時間)の変化参照

今の年収を上げたい!と言う人は思い切って別の企業や職業へ転職を考えてみてもよいかもしれません。上記の表で分かる通り、転職で実際に賃金の上がった人は全体で約4割います。また、25~29歳の間で転職した約5割の人の年収が上がっているので、できるだけ若く元気なうちに動き始めるのがベストです。

今の会社で働き続けた場合と転職後の生涯年収とを比較してみましょう。

仕事したくないと思った時に、仕事年収のランキングで考える:まとめ

  • 年齢・性別の平均年収
  • 産業別の平均年収ランキング
  • 職業別年収ランキング

を見て、「今の仕事が自分にとってフィットしている仕事なのか?」を考え、もし疑問があるならば行動していきましょう。

【未経験歓迎】Linuxサーバー構築、短期集中型の無料IT&就活スクール
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】
無料の転職支援サービスあり【ココカイゴ転職】
タイトルとURLをコピーしました