健康型有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム?わかりやすく説明

healthy-home介護保険

高齢者の住まいとして人気を博している「健康型有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」、どの点がどう違うかをわかりやすく説明します。

そもそも有料老人ホームとは?

healthy-home2

「有料老人ホーム」ってそもそも何なの?について説明します。

最近は本当にたくさんの入所施設が増えて探すのも大変だわ。

有料老人ホームの定義

有料老人ホームとは、高齢者の心身の健康を保ち生活を安定させるために必要な

  • 食事
  • 介護
  • 家事
  • 健康管理

のうち、いずれかのサービスを1つ以上提供している住まいの事です。

有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅、シニア向け分譲マンションなどが民間型に分類される高齢者向けの住宅です。一般的に公共型に比べて費用が高くなりがちですが、生活援助サービスが充実していて、快適に老後の生活を送れるというメリットがあります。

積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅
老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】
ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
始める方が増えている不動産投資!始める前の無料相談は【トウシェル】で!

有料老人ホームの種類(健康型・住宅型)

healthy-home1

今回は有料老人ホームの中でも特に「健康型」「住宅型」について説明していきます。

健康型有料老人ホーム

概要

健康型有料老人ホームは、家事手伝いなどのサービスや食事等のサービスがついた高齢者施設です。主に民間事業者が運営しています。

身の回りの事は自分でこなせる、自立した状態の高齢者が対象で、シニアライフを楽しむための温泉やスポーツジム、図書館、シアタールームなど、元気な状態をなるべく維持することを目的とした設備が充実しているところが多いです。

基本的に自立(介護認定なし)または要支援状態の高齢者を受け入れていますが、要介護となった場合は、契約を解除し退去することになります。

費用

多くの場合、初期費用と月額利用料が必要になります。

施設の場所や地域、設備やスタッフによって最初の費用は0~数億円、月額利用料は10~40万円程度とかなり差があります。

なお、このタイプの有料老人ホームは一般に、入居時一時金の額が高めに設定されています

入所基準

健康型有料老人ホームでは、基本的に自立した人を受け入れていますが、「伝染病などの疾患がない」「身元引受人がいる」など、独自の入居基準を設定しているところもあります。詳しくは施設に問い合わせてみましょう。

提供されるサービス

健康型有料老人ホームで提供されるサービスは、施設スタッフによる見守り、食事・掃除・洗濯・緊急時の対応です。

設備

居室、共同リビングなど、入居費用に応じてさまざまです。

居室にはトイレ、キッチン、浴室が完備され、一般的な間取りとなっています。

図書室・麻雀・アトリエ・園芸・カラオケなどの趣味施設、温泉・プール・スポーツジムなどの健康施設。その他ゲストルームや駐車場などを備えている施設もあります。

入所手続き

各施設に行います。

一般的には入所申し込み書の提出、訪問あるいは来所による面談の後、住民票・健康診断書・所得証明書などの必要書類を提出し、面談の結果と「要介護度」「介護の必要性」「資産や収入額」などから総合的に判断して、入所が決定されます。

入所の難しさ

有料老人ホームの中で健康型が占める割合は全体の1%以下と極めて低くなっています。

入所一時金が高額で入居者も限られるため、条件さえ合えば入居が特に難しいわけではありません。

住宅型有料老人ホーム

healthy-home2

概要

住宅型有料老人ホームは、主に民間企業が運営し、要介護者や自立・要支援状態の高齢者を受け入れている施設です。

生活援助や緊急時の対応、レクリエーションが受けられ、介護が必要な場合は外部サービスを利用しながら生活できます。

よく介護付き有料老人ホームと比較されますが、介護付きと同様のサービスを提供する住宅型有料老人ホームも増えたため、そのような施設では要介護度が重くなっても生活を維持することができます。

看護師の体制はまちまちなため、医療依存度が高くなると退去しなくてはならないこともあります。

どのくらまで施設で生活が可能か事前に確認しておきましょう。

住宅型有料老人ホームの費用

ほとんどの場合初期費用と月額利用料が必要になります。

施設の場所や地域、スタッフによって初期費用は0~数千万円、月額利用料は12~30万円程度とかなり差があります。

最近は入居一時金が無料で、月額利用料を比較的高めに設定する施設も増えています

入居基準

自立した高齢者だけではなく、外部の介護サービスを利用することで、要介護者を受け入れています。

また、施設によって「伝染病などの疾患がない」「身元引受人がいる」など受け入れ基準はまちまちなので施設に問い合わせてみるとよいでしょう。

サービス提供種類

施設スタッフによる見守り、食事・掃除・洗濯といった生活援助や緊急時の対応のほか、外部の介護事業者による入浴や食事の介助、カウンセリングやリハビリテーションなどです。

リハビリテーションや医療処置などの対応については施設によってまちまちなので施設に問い合わせてみるとよいでしょう。

設備

居室、共同リビングなど、入居費用に応じてさまざまです。

居室にはトイレ、キッチン、浴室が完備され、一般的な間取りとなっています。

図書室・麻雀・アトリエ・園芸・カラオケなどの趣味施設、温泉・プール・スポーツジムなどの健康施設。その他ゲストルームや駐車場などを備えている施設もあります。

入所手続き

各施設で申し込みます。

一般的には入所申し込み書の提出、訪問あるいは来所による面談の後、住民票・健康診断書・所得証明書などの必要書類を提出し、面談の結果と「要介護度」「介護の必要性」「資産や収入額」などから総合的に判断して、入所が決定されます。

入所の難しさ

住宅型有料老人ホームは施設数が年々急速に増え、現在の有料老人ホームの3割を占めています。

そのため、条件が合えば入居が特に難しいわけではありません。

ただし入居率は高い水準で推移していることもあり、入居を希望する際には施設に早めに問い合わせてみるとよいでしょう。

細かいサービスは施設によって同じだったり全く違ったりと幅があるので、余裕があれば一度見学をお勧めします。

健康型有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム説明:まとめ

・有料老人ホームとは、高齢者の心身の健康を保ち生活を安定させるために必要な

  • 食事
  • 介護
  • 家事
  • 健康管理

のうち、いずれかのサービスを1つ以上提供している住まいの事である

・健康型有料老人ホームは、身の回りの事は自分でこなせる、自立した状態の高齢者が対象である

・住宅型有料老人ホームは、要介護者や自立・要支援状態の高齢者が対象である

・どの施設も初期費用は0~数千万円、月額利用料は10~40万円程度とかなり差があるので、施設ごとに確認することが必要である

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
始める方が増えている不動産投資!始める前の無料相談は【トウシェル】で!
タイトルとURLをコピーしました