「介護保険料」いつから払う?知らないうちに払っているかも!

finance介護保険

介護保険料は制度について知らなくても、対象の年齢になれば自動的に徴収が始まります。ここでは実際にいつから介護保険料を支払うのか、その支払い方法、介護保険がいつからどのように使えるかなどを説明します。

介護保険料を支払い始める年齢

finance2

介護保険料は40歳から一生払い続けます。そして年齢によって分類されています。

第二号被保険者(40~64歳)

介護保険料を払う40歳~64歳までの人を「第二号被保険者」といいます。

介護保険料は40歳になる誕生日の前日から介護保険料の納付が必要となるため、誕生日が1日の人は誕生日の前月から徴収されます。

第二号被保険者(40~64歳)は厚生労働省が1人あたりの保険料の負担率を設定し、それに基づいた保険料を

  • 健康保険組合
  • 共済組合

などの医療保険者に知らせます。

そして通知を受けた医療保険者が、医療保険料と一緒に介護保険料を徴収します。

会社の健康保険に加入している場合

会社の健康保険に加入している方の場合、介護保険料は被保険者の給与の月額を50等級に区分した「標準報酬月額」によって算定され、健康保険料と同じく給料から天引きされます。被保険者と事業主は半々で介護保険料を負担します。)

国民健康保険に加入している場合

国民健康保険に加入している方の場合は、医療保険料に上乗せする形で支払います。

介護保険料は、「所得や固定資産税を考慮する」場合や「加入者一人ひとりに均等に保険料が割り当てられる」場合など、市区町村ごとに計算方法が異なっています。

40歳になると会社員はお給料から医療保険と一緒に払っていて、自営業者は国民健康保険から払っているんだね。

第一号被保険者(65歳~)

介護保険料を払う65歳以上の人を「第一号被保険者」といいます。

年金支給年齢(65歳)になると「健康保険料」から支払われていたものが「介護保険料」という名前で新しく支払うことになります。(名称が「第二号被保険者」 → 「第一号被保険者」になります。)

65歳になるまでは健康保険料の中から支払いをしていましたが、65歳になると「介護保険料」という名前で新しく徴収されるので心しておきましょう。

年金保険料は60歳あるいは65歳で支払いが終了するのですが、介護保険料は一生払い続けなければなりません。そうすることによっていざというときに介護保険が利用できるのです。

年金受給開始年齢である65歳以上でかつ年間18万円以上年金を受給している場合には、特別徴収での支払い(年金から天引き)になります。

介護保険法第131条、第135条

複数の年金をもらっている場合

  1. 老齢基礎年金
  2. 老齢・通算年金
  3. 退職年金
  4. 障害年金
  5. 遺族年金  の順番で天引きされます。

また、特別徴収の場合年金支払いのタイミングである2か月ごとに受給額から天引きされます。

なぜ、天引きされるのか

なぜ天引きされるかと言うと、

高齢者が個別に金融機関に納めに行くのは大変だろう

というのが理由です。

多くの高齢者が何かしら公的年金を受給していることと、行政も天引きの方法をとることで手間が減らせます。

介護保険料、もし払うのが難しくなったらどうするの?

介護保険料は所得に応じて徴収ですから、もし払うのが難しくなりそうな場合は、早めに一度、市区町村に問い合わせてみましょう。

毎日無料相談実施中!!【保険の相談ひろばLINK】
年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」
300万円までの資金調達なら最短即日!

「介護保険料」以外の財源はどこから出ているのか?

finance1

介護保険料は40歳から払い込みが始まりますが、それだけでは十分な財源は確保できません。「介護保険料」以外の財源の内訳は、下記のようになっています。

介護保険料の財源は住んでいる地域によってお金のあるところ、ないところ、高齢者が多いところ、少ないところなどありますから地域によって少しずつが財源構成が違ってきますがだいたいこんな感じです。

色々なところから
お金が入っているん
だね。

      25%
都道府県 12.5%
市町村 12.5%
介護保険料を払った人  50%

「介護保険料」のことがよくわかったよ。
そういえば、40歳から保険料を払ってても65歳以上の人しか使えないのかしら?

40歳以上でも特別な場合は介護保険を使うことができます。詳しいことはまた別のページで説明しますね。

「介護保険料」いつから払う?知らないうちに払っているかも:まとめ

介護保険料は40歳から一生払い続けます。

40歳~64歳までを「第二号被保険者」65歳以上を「第一号被保険者」といい、介護保険料の徴収方法が異なっています。

介護保険料の財源は、40歳以上の国民・国・都道府県・市町村の財源で賄われています。

毎日無料相談実施中!!【保険の相談ひろばLINK】
年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」
300万円までの資金調達なら最短即日!
タイトルとURLをコピーしました