【看護師VS介護士の闇】介護される人の気持ちは想像できますか?

difference-care介護保険

「病院に入院したから、気になる症状はお医者さんが、介護は看護師さんが看てくれるから安心」と考えていらっしゃる方も多いと思います。でも本当にそうなのでしょうか?今回は、私が経験した看護師や介護士の闇、また介護される側の気持ちも紹介します。あなたは想像できるでしょうか?

「看護師」と「介護士」の違い

difference-care1

看護師と介護士はひとくくりにされがちな職業ですが、実際は全く違っています。そもそも根本的な考え方が違うので真逆といってもいいくらいです。看護と医療の違いをまとめました。

医療・看護の場合

利用する時期病気になるなど特別な時
呼び名患者
ケア方法治療・安静・栄養
関わり方データに基づいて冷静に客観的に
アピールポイント高い専門性
生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』
看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】

介護の場合

利用する時期病状が安定して日常の生活に戻った時
呼び名利用者・生活者
ケア方法日常の生活づくり・人間関係づくり
関わり方共感的に
アピールポイント生活感・常識
介護職専門の転職サイト「ケアジョブ東京」
充実アフターフォローの介護転職支援サービス【ウェルクルーエージェント】
無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

医師や看護師は介護もできるはずだと思っている方もいらっしゃると思いますが、残念ながらそれは違います。なぜなら、介護と医療は水と油。発想も方法論もまったく違うのです。

まず最初にいえることは、医療現場でのケアの対象者は患者ですが、介護現場では利用者(生活者)が対象になります。医療に必要なケアは安静ですが、介護に必要なケアは生活づくり・人間関係づくりといったなるべく動いてもらうケア、すなわち安静にしてはいけないケアを行います。

次に安静のためのベットは高さがあって狭いものでも構いませんが、生活のためのベットは起き上がりや寝返りができるように広く、安全のため足の長さに合わせた高さでなくてはなりません。

これは極端な例ですが、実際に失禁が始まった老人の介護方法を検討する会議で、看護師はおむつと使うことをすすめ、介護士はおむつは使わず尿意が起きるタイミングでトイレに連れていくことをすすめました。このように看護師と介護士は基本的な考え方が違うためしばしば衝突することもあるのです。

要介護者はこんなことを考えている

介護するのは大変だけど、介護される方は楽だよね

私は介護業界に入るまでこう思っていました。しかし介護の仕事をすることで、それは間違っているということに気がつきました。確かに介護する側は腰痛になったりストレスが溜まったりと色々大変なことがあります。ですが介護される側の老人も人間ですので、同じように大変な思いを抱えている人もいらっしゃるという事に気づいたのです。

だれも好んで要介護状態になったわけではありません。本当は介護されたくないのに人の手を借りなければならなくなった老人の心の中は複雑です。

介護される側の心のさけび

介護される人は実際にどう思っているのでしょうか?以下にまとめました。

嫉妬妄想・・・私がここにいる間、夫は遊びに出ているかもしれない。

羨望(せんぼう)・・・手足のマヒさえなければあんなこともできるのに。

疑心暗鬼・・・本当は介護スタッフは私のことをイヤイヤ介護してるのでは。

気づかい・・・私の介護のせいで足腰を傷めないかしら。

絶望感・・・人に迷惑をかける生活がいつまで続くんだろうか。

介護される人は「どうして私だけが」という嫉妬心や怒り、残ったマヒへの失望、介助してもらうことへの心の負担を持っています。また健康な人への羨望や嫉妬が増大し、時には妄想にまで発展することもあります。

介護者はここに気をつけて介護する

介護者の役割は、失望感や遠慮がある老人の精神的負担をとりのぞいてあげることです。そのためにも居心地の良い環境をつくることがポイントになります。

  1. 要介護者の複雑な心を理解する
  2. その心理を共有できる仲間、人間関係をつくる
  3. 心理的負担を感じさせないよう、さりげない介護を目指す

介護される側の老人に気持ちよく過ごしてもらえるよう、上記のような介護をこころがけていきましょう。

老人のプライドについて理解しよう

介護してもらえないよりしてもらったほうがいいのはいうまでもありません。

しかし、「ありがとう」というばかり、いわゆる一方的にしてもらう関係では生き生きしとた生活を送ることはできません。なぜならプライド(自尊心)が保たれないからです。

ショートステイやデイサービスは、家族の介護負担のために老人を預ける場所だと思われていますが、預けられる老人自身の気持ちを考えることも大事です。

老人どうしで会話をしたり、詩吟や俳句が得意な人なら1日先生として活躍してもらうなど、介護される側で相互的な関係を作り自尊心を損なわないようにすることが大切です。

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】
積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅

【看護師VS介護士の闇】介護される人の気持ちは想像できますか:まとめ

看護師と介護士は根本的な考え方がちがうため、ひとまとめにはできない職業です。これをふまえて病気になった場合は医師や看護師のケアを受け、病状が安定したりこれ以上治療することがない場合には介護のケアを受けるというぐあいに医療・介護を臨機応変に使い分けることが必要になっていきます。

また介護者は介護される側の気持ちをくみ取り、自尊心を損なわないように気づかいながらケアを行なっていきましょう。

介護職専門の転職サイト「ケアジョブ東京」
生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』
充実アフターフォローの介護転職支援サービス【ウェルクルーエージェント】

タイトルとURLをコピーしました