【うつ病】家族や友人はどうすれば?残念な支え方になっていませんか

depression-friend老後の生活

「家族の1人がうつ病にかかっている」「うつ病の友人がいる」「社員がうつ病で休んでいる」など、うつ病の人は割と身近にいるものです。今回は、うつ病を持つ人が周りにいた場合、どんな声をかけてあげればよいのか。また、絶対にいってはいけない言葉を紹介します。あなたは残念な支え方をしていませんか?参考にしてください。

周りはどう接すればいいの?

depression-friend3

もし、自分の周りの人がうつ病になったら、どう接していいか戸惑ってしまうと思います。しかし、本人にとっては周りの人の支えが大きな力になるので、普通の病気のようにいたわりの気持ちを持って接することが大事です。

うつ病について理解する

うつ病には「休息」が重要なキーワードです。決して怠けているわけではありません。元気がなく、やる気がなさそうにしているのは本人がやりたいと思っていても、体がいうことを聞かない状態かもしれません。病気のせいであることを理解し、誰もがなる可能性があることを覚えておきましょう。

話を聞いてあげる・傾聴する

あなたは悩みごとがあるとき、周りの友人や家族に愚痴をこぼすとスッキリした気持ちになったことはありませんか?

うつ病になった本人が悩んでいることやつらく感じていることについて、一緒にいて話を聞いてあげることで気持ちは落ち着き、安心感も生まれます。そのとき注意しなければならないことはネガティブな愚痴や批判的な意見が出たとしても否定や意見をいわないことです。

気持ちは平常心で

うつ病の人に「特別扱い」など気を使いすぎてしまうと本人はますます落ち込んでしまいます。気にしつつ、でも心配しすぎず、できるだけいつも通りの平常心で接しましょう。

休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe
心のサプリ「ヌーススピリッツ」

うつ病の人への対応:家族編

depression-friend2

家族がうつ病になってしまったら、早く治そうとあれこれ対策を考えると思います。あせる気持ちもわかりますが、対応次第では逆効果になる場合もあります。

干渉しすぎない

家族の理解は軽症うつの人にとって、大きな支えになります。話しを聞いてあげることはとても大事なのですが、腫れ物に触るように気を使いすぎたり、細かいことに口をだしすぎるとかえって本人の負担になってしまうこともあります。

家族もうつにならないように

いいたいことをグッとこらえる」などお世話している家族もストレスを抱える場合があります。共倒れにならないように、1人で抱え込まないようにしましょう。

とりあえず休養を進める・大きな決定は後回し

うつ病になると何もかもが嫌になり「学校を辞めたい」「会社を辞めたい」と実行に移してしまう場合があります。うつ病は「心の風邪」。「心の風邪」が治ったときに「辞めなきゃよかった」と後悔することも。本人の強い希望があれば仕方ないですが、迷っているようなら決定は後回し、とにかく休養をすることが大事です。

今、大切な人が”うつ”に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】

うつ病の人への対応:友人編

depression-friend1

「うつ病を患っている友人」を持っている人は今どきめずらしくありません。その友人に対して根掘り葉掘り質問せず、付かず離れず、適度な距離感を持ちながらそばにいてあげましょう。ききかじった対処法を教えたり、「このサプリメントがいい」なんてアドバイスは逆効果です。

飲み会や旅行に誘わない

元気になってもらうために「飲み会」や「旅行」に誘いたい気持ちもわかるのですが、本人は「断ったら申し訳ない」と気を使ってしまうかもしれません。また、元気そうに見えても家に帰るとどっと疲れている場合もあります。本人が「行きたい」というまでそばによりそって話を聞いてあげましょう。

いつでもどこでも漫画が読める!!【DMM.com 電子書籍】

うつ病の人への対応:職場編

職場はうつ病を発症させる原因の1つです。

厚生労働省が「こころの耳ー働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」を開設しています。職場環境改善のためのツールやQ&A、疲労蓄積度セルフチェックなどさまざまな情報が載っています。例えば部下がうつ病になってしまった場合、部下の親しい同僚に「あなたがフォローしてあげて」など丸投げしていませんか。これが負担となり2人目のうつ病を出してしまうかもしれません。気を付けましょう。

250,000冊以上の取り揃え!【DMM.com 電子書籍】

うつ病の人にいってはいけない言葉

「がんばれ」

これはみなさんご存じの禁止言葉かと思いますが、実際その場面になると、ついつい使ってしまいがちです。何気ない一言が本人を追い詰めてしまう場合があります。気を付けましょう。

「怠けるな」

これは家族が発言してしまいそうなフレーズですが、本人の気持ちのスイッチが入っていない状態でプレッシャーをかけられると、ますますあせってしまい症状が重くなる場合があります。早く治ってほしいためいいたい気持ちもよくわかりますが、ここはグッと我慢しましょう。

「うつ病なんてすぐ治る」

こういった軽い励ましでも、本人にとってはダメージを受けることがあります。つかず離れず、普段通りに接し、本人にとってよい聞き役になりましょう。

【うつ病】家族や友人はどうすればいいの?:まとめ

うつ病になった人に対する周りの対応としては、普段通りに接し、付かず離れず本人によりそって話を聞いてあげることが大事である。

安易なアドバイスは逆効果。とにかく本人が休息をとれるよう環境を整えていきましょう。

休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe
今、大切な人が”うつ”に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】
心のサプリ「ヌーススピリッツ」
タイトルとURLをコピーしました