通所系サービス(デイサービス)とは?なぜ高齢者に人気なのか?

day-service介護保険

要介護度の軽い方から思い方まで、介護認定を受けた高齢者は一度は通所系サービス(デイサービス)に通った、という方がほとんどです。なぜ通所系サービスが高齢者に人気なのか?基本も含めて説明します。

まず初めに:通所系サービスとは

day-service2

通所系サービスとは、自宅で暮らす要介護者・要支援者に通う形で施設で日中を過ごしてもらい、食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導などの看護、リハビリテーション、入浴などを提供するサービスです。

つまり、日帰りで介護・リハビリテーション・食事・入浴などが受けられるサービスです。

通所系サービスの種類

通所系サービスにはどんな種類があるのか説明します。

通所介護(デイサービス)

通所介護のことを「デイサービス」ともいいます。利用定員は「19人以上」です。

目的

利用者が可能な限り自宅で自立した生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤独感の解消や心身機能の維持、家族の介護負担軽減などを目的として実施します。

提供内容

利用者が通所介護の施設(利用定員19人以上のデイサービスセンターなど)に通い、施設では

  • 食事や入浴などの日常生活の支援
  • 機能訓練や口腔機能向上などの生活機能向上の支援
  • 利用者の自宅から施設までの送迎

などを「日帰り」で提供します。

また、高齢者同士の交流(生活機能向上グループ活動)においては

  • 体操
  • ゲーム
  • おしゃべり
  • カラオケ
  • 将棋    

など、高齢者が楽しく過ごせるよう施設ごとに特色を出しています。

デイサービスでは介護福祉士・ヘルパー・看護師等が働いています。

注意事項

デイサービスは事業所の規模や所要時間によって費用が設定されています。

日常生活費(食事・おむつ代など)送迎にかかわる費用は別途負担する必要があります。

まれに入浴サービスのないデイサービスがあります。

デイサービスは施設がたくさんある上に、サービス提供もさまざまです。レクリエーションや施設の雰囲気など、人によって合う・合わないがあるため、事前に見学することをおすすめします。

お手頃価格1食490円(宅配料込)~|ワタミの宅食
ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
始める方が増えている不動産投資!始める前の無料相談は【トウシェル】で!
積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅

通所リハビリテーション(デイケア)

通所リハビリテーションのことを「デイケア」ともいいます。

day-service1

目的

利用者が可能な限り自宅で自立した生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤独感の解消や心身機能の維持、家族の介護負担軽減などを目的として実施します。

提供内容

利用者が通所リハビリテーションの施設(老人保健施設、病院、診療所など)に通い

  • 食事や入浴などの日常生活の支援
  • 機能訓練や口腔機能向上などの生活機能向上の支援
  • 利用者の自宅から施設までの送迎

などを「日帰り」で提供します。

また、高齢者同士の交流(生活機能向上グループ活動)においては

  • 体操
  • ゲーム
  • おしゃべり
  • カラオケ  

など、高齢者が楽しく過ごせるよう施設ごとに特色を出しています。

デイケアでは看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、ヘルパー等が働いています。

予防サービスにおける留意点

介護予防通所リハビリテーション(要支援1・2の方対象)では、生活機能向上のための「共通的サービス」に加え、理学療法士などによる「運動機能の向上」、管理栄養士などによる「栄養改善」、言語聴覚士または歯科衛生士による「口腔機能の向上」に関するサービスを組み合わせて受けることができます。

注意事項

通所リハビリテーションは事業所の規模や所要時間によって費用が設定されています。

日常生活費(食事・おむつ代など)や、送迎にかかわる費用は別途負担する必要があります。

こちらも施設ごとに特色があるので余裕があれば見学してみましょう。

地域密着型通所介護

地域密着型通所介護は、「定員数18人以下」で、原則として「市町村の住民限定」です。

目的

地域密着型通所介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤独感の解消や心身機能の維持、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。

提供内容

利用者が地域密着型通所介護の施設(利用定員19人未満のデイサービスセンターなど)に通い

  • 食事や入浴などの日常生活の支援
  • 機能訓練や口腔機能向上などの生活機能向上の支援
  • 利用者の自宅から施設までの送迎

などを「日帰り」で提供します。

注意事項

地域密着型通所介護は事業所の規模や所要時間によって費用が設定されています。

日常生活費(食事・おむつ代など)や、送迎にかかわる費用は別途負担する必要があります。

通所療養介護

目的

通所療養介護は常に看護師による観察を必要とする難病、認知症、脳血管疾患後遺症等の重度要介護者またはがん末期患者を対象にしたサービスで、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤独感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的としています。

利用者が療養通所介護の施設に通い

  • 食事や入浴などの日常生活の支援
  • 機能訓練や口腔機能向上などの生活機能向上の支援
  • 利用者の自宅から施設までの送迎

などを「日帰り」で提供します。

注意事項

療養通所介護は医師や訪問看護ステーションと連携してサービスが提供されます。

日常生活費(食事・おむつ代など)や、送迎にかかわる費用は別途負担する必要があります。

認知症対応型通所介護

認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービスで、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活をおくることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の社会的孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。

提供内容

認知症の利用者が通所介護の施設(デイサービスセンターやグループホームなど)に通い

  • 食事や入浴などの日常生活の支援
  • 機能訓練や口腔機能向上などの生活機能向上の支援
  • 利用者の自宅から施設までの送迎

などを「日帰り」で提供します。

注意事項

認知症対応型通所介護は事業所の形態や所要時間によって費用が設定されています。

日常生活費(食事・おむつ代など)や、送迎にかかわる費用は別途負担する必要があります。

通所介護系サービスは、大きく5つに分かれているのね。

通所系サービス(デイサービス)とは?なぜ高齢者に人気なのか?:まとめ

通所系サービスには

  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
  • 地域密着型通所介護
  • 通所療養介護
  • 認知症対応型通所介護 の5つがある

通所系サービスのよい所は

  • 同年代の方たちと交流する機会が増える
  • 身なりに気を配るようになる
  • 行くだけで歩数も増え自然と運動になる
  • 入浴サービスがある(ない所もある)
  • 日中だけ通うことができる(長時間ではなく疲れにくい)

など、初めて介護保険サービスを利用する方にとって、比較的手軽に利用できる点である

介護認定が降りる方の一番の不安は「入浴時の体調不良や転倒」が多いので、通所系サービスを利用すると安心して入浴できます。

お手頃価格1食490円(宅配料込)~|ワタミの宅食
始める方が増えている不動産投資!始める前の無料相談は【トウシェル】で!
ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」
積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅
タイトルとURLをコピーしました